Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c6664715/public_html/nami-no-ie.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
年末なので大掃除に家事代行を利用してみた | ナミの家

年末なので大掃除に家事代行を利用してみた

ライフスタイル・日常

こんにちは、ナミです。
早くも師走ですね。
一年あっという間に過ぎ去りました。

先日オンライン英会話のデイリーニュースの記事で大掃除のトピックスがありました。
・2021年末の大掃除は51.8%の人が実施、2008年の71.7%のピークから徐々に減少傾向。
・大掃除にかける時間は男性は1日、女性は2日。
・夫の90.9%は妻の掃除に満足しているが、妻の68.8%が夫の掃除に満足していない。
・プロのお掃除を依頼する人が2012年2.4%から2022年で8.6%に上昇している。

https://www.duskin.co.jp/news/2022/pdf/221004_01.pdf

私達夫婦も結婚してから3回目の年末となります。
過去2回は喧嘩まではいかなくても、大掃除に対する考えに相違がありました。
私は、リストを作って数日かけてみっちり掃除してきれいな環境で新年を迎えたい。
夫は貴重な休みを大掃除で潰したくない。なんなら大掃除はしたくない。

ですが、大掃除って共働きだろうがサラリーマン+専業主婦だろうが家族のイベントだと思うんですよ。
専業主婦の方は日頃の掃除はやっていても、大掃除もすべておねがーーい!てへぺろ☆(古)
なんてことはあってはいけないことだと思います。

けれど、記事にあるように男性と女声の意識の違いがあるのでどちらかに不満が生まれる。
夫婦で話し合って落とし所をつけるのもいいと思います。
それができて、最低限のところを家族で大掃除するのがベスト。
でも、それが難しいケースってあると思います。
はい、我が家です。笑

しかも今年は赤ちゃんもいて、なかなかじっくり掃除に費やすこともできないし外注しちゃう!?
突如生まれた家事代行案。
今回はその家事代行を使って大掃除を依頼してみた感想を記載したいと思います。

家事代行を使った大掃除、実際どうだった?

結論、私は1回のみで家事代行を使った大掃除は無しだな、と思いました。

良い点
・短時間だと高い値段ではない
・自分がやりたくないところを丁寧に掃除してもらえる

悪い点
・短時間だとできるところが限られるため、自分も参加してやった
・すべてやってもらうとなると、時間・コストがかかる


今回私が依頼したのは掃除の専門業者ではなく家事代行サービスです。
3時間で約1万円でできてリーズナブルでしたが経験値は高いけれどスペシャリストではありません。

家事代行なので私の代わりにやってくれる、くらいのその延長線だと思いました。
3時間でやっていただいたのは、キッチンフードとコンロの掃除、リビングの窓掃除、お風呂場の掃除です。
この3点は私が面倒でなかなかできない場所であり、やっても雑になってしまいます。
(昨年は窓に拭いた跡が残り、何なら掃除前より汚く見える?となりました。笑)
嫌な場所をちゃんと綺麗に掃除をしていただけたのは嬉しかったポイントでした。
 ※家事代行だとキッチンフードの中までではできなく、私が外した状態で綺麗にしてもらいました。

また3時間でほぼほぼ掃除を終わらせたかったので、私も同時進行で掃除をしました。
シンクやら洗面所、床を拭いたり等の簡単にできるところです。

自分ひとりで大掃除をすることに比べたら
一緒にちゃんと掃除してくれる嫌な場所を丁寧に掃除してくれるところがメリットだと思いました。

逆に、自分は介入せずすべてやってもらうとなるとある程度の時間とコストが必要になるのかと思います。
また、キッチンフードの解体等はできないのでそこまでのレベルを求めるとスペシャリストに依頼するのがベターかと思います。
私は自分の大掃除の負担を減らしたい=そこまでのレベルはやらない
なのでスペシャリストではなく家事代行でOKかな、と思いました。

次回の掃除・大掃除はどうする?

1回で何万もかけて大掃除を依頼するのは個人的にしたくはありません。
お金がもったいない・・・。
けれど、私一人だけが頑張って大掃除もしたくありません。

理想は月1〜2回の家事代行を定期的に頼んで作り置き+掃除を行ってもらい
毎回1時間は気になるところを掃除してもらい大掃除をする必要のない部屋をキープする、です。
トータルの金額は高くなりますが、1回だけでなく日頃のストレス低減が目的です。

来年は私も仕事復帰するので時間が無くなります。
(今も子供がいるとずーっと没頭できる時間も限られますけどね)

共働きのストレスって何でしょうか?
共働きなのに家事・育児の負担が妻に行き過ぎる(9割とか)という問題があるかと思います。
夫婦お互い働く時間の割合にもよりますが、拘束時間を考えて7:3なり8:2なり6:4なりお互い不満ない比率で役割分担ができればいいと思います。
ですが、現実は中々むずかしいんだろうな・・・
家事もお互いが理想とする頻度・レベルも違うし、理想の押し付け合いするとお互いが不満を持つことになります。

お互いの落とし所でお金をかけず家事・育児の分担をすることができればベスト!
けれどそれができずずーーーっと不満を持ち続けるのも嫌だなと思います。
ストレスレベルによっては、ストレス低減のためにお金をかけて外注するのも1つの手かと思いました。
仕事復帰した際に、ストレスレベルによっては家事代行を依頼するか検討したいと思います。

おわり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました